2014年1月 高齢者住宅新聞にプールスの記事が掲載されました。

2014年1月1日と8日合併号の高齢者住宅新聞(第285号)に掲載されました。

■掲載された記事の内容

"使い捨て除菌タオル、おしぼり機の開発・販売を行うプールスは、押しボタン式の簡単操作で新品の温かいおしぼりを取り出せる『プールス』の販売を強化している。おしぼりとおしぼりに使用している除菌剤はともに天然素材を使用しており、安全かつ高い除菌効果が得られるアイテムとして現在、全国の高齢者施設や医療機関などに約8000台、導入されている。

「当社の製品はボタン1つで操作することができます。おしぼりとなる専用ロール紙や除菌液の交換なども容易なシンプルな設計です。年に1回の無償の訪問メンテナンスを行っておりますが、日本製で故障することはほとんどなく、万が一不具合が発生した際には、写真解説による対処法マニュアルがあるので、取扱説明書を読み込む手間も必要ありません食事提供時はもちろん、体を拭くことや排泄処理時にも活用できます。特に利用者の多い施設にとって一度に多くの清潔なおしぼりを製造できる当社製品は衛生管理対策以外にも、コスト削減や業務の効率化につながるという利点があります。」(プールス株式会社社長)

おむつ交換の際におしぼりを現場に持っていけば、体を拭いた後はおむつの中に入れて捨てることが可能だ。ビニールからの取り出しや、おむつと分別して捨てる必要はない。おしぼり作りから洗濯までをすべて職員が手作業で行っていた施設からは「職員の作業負担を大幅に軽減できるため、その分を利用者と触れ合うと時間に充てられるようになった」と反響があったという。

プールス株式会社社長は「日常習慣の中での感染予防対策は、やはり手軽で安全なものが求められています。」「プールス」はおしぼり・除菌液ともに天然素材を使用し、安全・低コスト・高い除菌効果が得られるアイテムです。高齢者施設の衛生管理対策に有効な「プールス」の利便性と効果を多くの施設で実感してもらいたい」と話している。"

▶プールス商品一覧
▶プールスの7つの特徴
▶レンタルおしぼりとの違い

商品に関する問い合わせはこちら